『球体の蛇』

※画像クリックで出版社サイトへ

 

 

私はまた、人を殺した。

秘密を抱えた美しい年上の女性。球体の中の記憶。
幼い嘘と哀しい真実が交錯する時、事件は全く違う顔を見せる――。/角川書店

角川文庫グランプリ 「何度も読みたい」第1位
TBS「王様のブランチ」で特集。
幼なじみ・サヨの死の秘密を抱えた17歳の私は、ある女性に夢中だった。白い服に身を包み自転車に乗った彼女は、どこかサヨに似ていた。想いを抑えきれなくなった私は、彼女が過ごす家の床下に夜な夜な潜り込むという悪癖を繰り返すようになったが、ある夜、運命を決定的に変える事件が起こってしまう――。幼い嘘と過ちの連鎖が、それぞれの人生を思いもよらない方向へ駆り立ててゆく。最後の一行が深い余韻を残す、傑作長編。 /角川書店

 


対談「道尾さんの作品を読み返していたら、「これ、ページをめくってるんじゃなくて、カサブタめくってるんじゃないか」って、ふっと思ったんですよ。」/佐藤江梨子




『球体の蛇』テレビCM&ラジオドラマ




『球体の蛇』特設サイト




「魂をこめるのに失敗したら、無価値だと思っています」/「ローチケHMV」




重点は心象風景のうつろい 切ない読後感を残す、新境地に挑んだ作品/「新刊JP」