『鬼の跫音(あしおと)』

 

6人の「S」による危険な罠ねじれた愛、消せない過ち、哀しい嘘、暗い疑惑――。運命の檻に囚われた6人の男女。見ていた世界が一変するあざやかな仕掛け(トリック)を堪能せよ!

刑務所で作られた椅子に奇妙な文章が彫られていた。家族を惨殺した猟奇殺人犯が残した不可解な単語は哀しい事件の真相を示しており……。(「犭(ケモノ)」)
同級生のひどい攻撃に怯えて毎日を送る僕は、ある女の人と出会う。彼女が待つ、何でも中に入れられる不思議なキャンバス。僕はその中に恐怖心を取って欲しいと頼むが……。(「悪意の顔」)
心の「鬼」に捕らわれた男女が迎える予想外の終局とは。驚愕必至の衝撃作! /角川書店

 

エピソードを濃縮し、言葉を吟味した、小説の理想を突き詰める著者の現時点での完成形/「Book Jaopan」

 

『鬼の跫音』でミステリーと怪談のはざまの新境地へ/道尾秀介×杉江松恋

 

『鬼の跫音』刊行記念インタビュー/角川書店ブックチャンネル