『光媒の花』

 

痴呆の母を抱える中年男性、ホームレス殺害に手を染めた小学生の兄妹…大切な何かを守るため、人は悲しい嘘をつく。

一匹の蝶が絶望の果てに見た光景とは――人間の弱さと優しさを描く連作長編。 /集英社


帯コメント/藤井フミヤ
幸福の答えを求め、不器用にもがきながら生きてゆく人々。
この物語のどこかに自分もいるような気がする

 

『光媒の花』特設サイト




「光媒」という不思議な造語は何を意味するのか?
ダークサイドからカタルシスまで描く、道尾マジックの新機軸!/「小説すばる」




担当編集のテマエミソ新刊案内




『光媒の花』Wikipedia