『ラットマン』

 

焦燥。倦怠。狂おしい嫉妬。猜疑。謎に包まれた死。
ようこそ。ここが、青春の終わりだ。

結成14年のアマチュアロックバンドのギタリスト・姫川亮は、ある日、練習中のスタジオで不可解な事件に遭遇する。次々に浮かび上がるバンドメンバーの隠された素顔。事件の真相が判明したとき、亮が秘めてきた過去の衝撃的記憶が呼び覚まされる。本当の仲間とは、家族とは、愛とは――。いまもっとも旬な作家・道尾秀介が思いを込めた「傑作」 /光文社

読み終えたときに、世界が変わる これが道尾マジック

『ラットマン』は道尾作品で私が一番好きな小説だ。――大沢在昌



伏線ばかりに気をとられていると間違いなくしてやられてしまう、
読者を不安に陥れる傑作ミステリー。/「Book Japan」



驚愕のどんでん返し! 一気に読めるミステリー小説11選/「Yomerumo NEWS」