『スケルトン・キー』

※画像クリックで出版社サイトへ(冒頭を試し読みもできます)

 

僕に近づいてはいけない。 あなたを殺してしまうから。

週刊誌記者のスクープ獲得の手伝いをしている僕、坂木錠也。この仕事を選んだのは、スリルのある環境に身を置いて心拍数を高めることで、“もう一人の僕”にならずにすむからだ。昔、児童養護施設<青光園>でともに育ったひかりさんが教えてくれた。僕のような人間を、サイコパスと言うらしい。
ある日、<青光園>の仲間の“うどん”から電話がかかって来て、平穏な日常が変わり始めた。これまで必死に守ってきた平穏が、壊れてしまう――。 /角川書店

 

『スケルトン・キー』刊行記念対談】道尾秀介×中野信子(脳科学者)

〈前編〉心理的なブレーキを外す

 

〈後編〉脳の使えるスペースが広がれば

 

恐怖も痛みもない? サイコパスという感覚。/朝日新聞デジタル



本当に狂っているのは誰なのか?サイコパスの一人称であぶり出す、人間の狂気と悲しみ/カドブン

【著者に訊け】道尾秀介氏『スケルトン・キー』/週刊ポスト